コーチング資格を考えているあなたへ伝えておきたいこと

whats coaching

以前「コーチングとは何か」について基本的なことについてお伝えしました。

(参考記事)
コーチングって相手を誘導することだと思っているあなたへ

またコーチングを受けた時、そしてコーチングを学んだ時の効果などについてもお伝えしました。

(参考記事)
コーチングを受けると何かいいことでもあるのですか?
コーチングを学ぶと今までのビジネスがどう変わりますか?

今回はコーチング資格を取得してみたいなぁ、というあなたへ詳細をお伝えしたいと思います。なぜなら、僕の周りでもコーチになりたいという方が増えてきているからです。

コーチングとは何か今すぐ知りたい方へ

コーチングを教えてくれるコーチ養成機関はたくさんあります。機関(スクール)名を聞いてもおそらくあなたは知らないと思います。なので、都市圏を中心に体験説明会を行っているところがあるので、あなたのお住まいに地域で説明会があればぜひ参加されることをおススメします。

ただ、これらの機関もビジネスでやっているので、資格取得コースへの勧誘はあります。(他の業界と比較するとそんなに強い勧誘はないですが、、、)が、コーチングの詳細を知ることができますし、コーチングの体験セッションもあるので、お得だと思います。

代表的なコーチ養成機関

コーチエィ
日本におけるコーチングの草分け的な会社です。コーチングを日本に導入した会社です。この会社の会長である伊藤守さんや鈴木義幸さんはコーチングに関する書籍を多数出版されています。(子会社にディスカヴァー・トゥエンティワンという有名な出版会社があります)

特徴として、ビジネスマンへのコーチングがメインです。一部上場会社のエグゼクティブが対象です。多くの企業の研修を担当されています。そして多数のコーチが在籍しております。

もしあなたがビジネス系のコーチングを学びたいのならここがおススメです。個人的にはメンバーのひとりである本間達哉コーチとお会いしたことがあるのですが、とてもいい印象を持ちました。受講料はちょっと高めかもしれません。コースによっては100万円を超えます。

チームフロー
こちらの代表の平本あきおさんはコーチング業界では超有名なコーチです。詳細はホームページをご覧いただくとわかります。

特徴としては、アドラー心理学をコーチングにとりいれているところです。最近のベストセラー書籍「嫌われる勇気」や「幸せになる勇気」のあの心理学者のアドラーです。なので、こちらで学ばれたコーチのコーチングを受けると途中で泣き出す人がいるくらい心理、心、感情に重点を置いたコーチングです。(僕も一度体験し大泣きしました、、、)

また、スポーツメンタルに関するコーチングも得意としており、多くのメダリストやプロ選手のコーチをされています。受講料は60~80万円くらいでしょうか(詳細不明)

銀座コーチングスクール
あの週末起業というコンセプトを作った、藤井孝一さんや森英樹さんがいるアンテレクトが運営母体のコーチングスクールです。全国に約40の学校があり、東京や大阪などの大都市でなくとも地方の方でも最寄のスクールで、講師から直接コーチングを学べます。

こちらの特徴としては、スキルに重点を置いており手軽に学べるところです。もっとたくさんのコーチを輩出したいというビジョンがあるので、誰でも気軽に学べる体制があります。なので受講料も他の機関と比べると安価です。20~30万円程度です。卒業生同志のネットワークも充実している機関です。

CPIジャパン
こちらの特徴として、コーアクティブということをベースにコーチングを伝授していることです。「コーアクティブ」というのは、「協働的」という意味で、コーチングをする側(コーチ)と受ける側(クライアント)が対等なパートナーとして、クライアントが心から望む人生を生きられるよう、互いに力を合わせるということです。(ホームページ参照)東京と大阪で定期的に説明会を実施しているようです。

※いずれの機関も学ぶ期間は半年から1年を要します。

以上、国内の代表的なコーチ養成機関をご紹介しましたが、もともとアメリカからコーチングというものが導入されました。そして今は世界各国に広まっています。

その中心に国際的なコーチ機関として国際コーチ連盟(ICF)という団体があります。
国内のコーチ養成機関でもこの国際コーチ連盟の主旨にそってコーチングを教えているところがありますので、将来本格的にコーチを目指すのであれば国際コーチ連盟の認定資格も取得できる機関を選んだほうが良いと思います。

もっと簡単にコーチ資格について知りたい方は、、、

わざわざ説明会の日にちを調べて、参加するなど時間を作るのは嫌だというあなたは、こちらの書籍が参考になります。

コーチングのすべて20160420_072816
僕がコーチ養成機関で学ぶにあたって最初に購入して読んだ本です。コーチングを知る前の段階で読むにはちょっと難しいかもしれませんが、コーチングの流派、理論、実践まで学べるいい書籍です。認定コーチになってから読むとすっと頭に入ってきて、より理解が深まりました。

コーチングの基本
先程コーチ養成機関20160420_072829のひとつとしてご紹介したコーチエィの社長である鈴木義幸氏の著書です。コーチングについてとてもわかりやすく解説されています。内容はごく基本的なことですが、コーチングを学ぶには最適な一冊です。順番として上記のコーチングのすべてを読む前に読んだ方がいい最初の一冊です。

 

どんな人がコーチングを学ぶといいか

これもよく聞かれる質問ですが、「どんな人であれコーチングを学ぶといいことがありますよ」と答えています。なぜなら僕のコーチ仲間も、順風満帆な上場企業のエリート、うつ病など精神疾患の経験者、子育てに悩んでいた主婦、職場や家庭での人間関係でうまくいっていなかった人、夢がなくて毎日死んだよう生きていた人など本当に様々な人がいますが、コーチングを学んだことによってイキイキとしている人がほとんどだからです。

職業も年齢も生きてきた背景もバラバラですが、みんな「コーチングを学んでよかった」、「もっと早く学ぶべきだった」、「コーチングって楽しい」と言っています。

なので、今あなたが「コーチングを学びたい」と思っているのなら、説明会なんかに参加するいいタイミングだということです。

説明会も本を読むのも面倒だというあなた

僕にアクセスいただくとくわしい説明を聞くことができます。スカイプになりますが、コーチングについて基本的なことから難しいことまであなたの知りたいことを聞けます。

迷っているなら今すぐ下記の無料体験セッションからアクセスしてみてください。セッションではなくて、説明だけ聞きたい方でもアクセスできます。

 

コーチ
コーチ養成機関にはそれぞれ特徴があります。安い買い物ではないので慎重に決めてくださいね。僕でよければいつでも相談してください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA