ニュースレターの役割その1~リピートを得るツール~

yakuwari1

ニュースレターの効果その1で、ニュースレターは既存客からのリピートを増やす効果があることをお伝えしました。今回は役割について3回に分けて書いていきますが、その1つ目の役割として、リピートを得るためのツールだということをお伝えします。

効果その1で言ったことと多少重複しますが、大事なことなので再度確認してください。

 

ニュースレターはリピートを得るためのツールである

リピートを得るということなので、既存のお客様に対する観点からみた役割になります。

1年間という時間を見た場合、20%~40%のお客様があなたのもとを去っていきます。自然に離脱していきます。

このまま放置すると出血多量であなたの命が危険です。止血しなければいけません。あなたがしなければいけないことは、ひとりでも去っていくお客様を引き止めることです。

まず20%~40%の離脱率を、その半分の10%~20%を目指すことです。

 

お客様が去っていく理由

お客様があなたから去っていく理由は、「あなたのことが嫌いになった」「他に好きな人ができた」のではありません。「あなたのことを忘れてしまった」のです。これが原因です。

「そんなことないだろう!俺はいつも行く駅前の美容室は忘れていないぞ!」と怒られそうですが、人間は本能的にすぐ忘れるように出来ているのです。悲しい出来事をわすれないでずっと覚えていたら苦しいでしょう。忘れることによって生きていけるのです。

ドイツの心理学者である、ヘルマン・エビングハウス先生はこんなことを発表しています。

081208_1

http://xn--let357l.com/tensu/ebbinghaus/より

「1時間後には56%を忘れ、1日後には74%も忘れてしまう」のです。なので、あなたの大切なお客様があなたを忘れないようにしなければいけません。

ちょくちょく顔を出さないといけません。ちょくちょくメールをしなければいけません。ちょくちょく電話をしなければいけません。何回も接触しなければいけません。

 

ただ接触すればいいわけではない

この情報過多の時代、顔を出すだけではライバルに負けてしまいます。サザエさんの三河屋のサブちゃんのように御用聞きではいけません。

お客様が欲しいのは有益な情報です。あなたはそれをニュースレターとして届けることで、ライバルと差別化できます。

なぜならニュースレターをしている会社・お店は少ないからです。あなたがニュースレターをすれば、それだけで差をつけることができるのです。

あなたのニュースレターを見たお客様は「何かあればこの会社に、この人に頼もう!」と思い、頭の片隅にあなたを覚えてくれています。

 

まとめ

人間は本能的に、物事を忘れるようにできていて、あなたのお客様もいつかあなたのことを忘れてしまいます。
お客様にずっと覚えてもらえうにはニュースレターを通じてお客様に有益な情報を発信する必要があります。
ニュースレターで有益な情報をもらうお客様は、あなたのことを忘れず覚えてくれ、何かあればまずあなたに相談するようになります。

 

Follow me!

無料メールマガジン登録

営業マンの日々の悩みや問題を解決できるヒントを発信しています。

あなたが今、

・営業がうまくいかず悩んでいる
・起業したいと思っている
・人間関係でストレスまみれである
・転職しようか迷っている
・そもそもやりたいことがかわらない

こんな毎日を過ごしているのなら、このメールマガジンで解決できます。(メール相談できます)

配信は不定期ですので、読みたくない時はスルーできます。

※購読は無料で、いつでも解除できます。
※登録いただいた個人情報は厳重に管理しますのでご安心ください。

ぜひ登録して学んでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA