ニュースレターの役割その3~口コミがおきるツール~

ニュースレターは、印刷された紙としてお客様へ届けます。新聞や雑誌と同じです。

以前「紙媒体に変えるだけで商品が売れる」という記事で、紙媒体は、記憶神経回路をデジタル媒体に比べ活性化させる。なので、紙に書かれた内容がより鮮明で感情を伴って記憶に残るということを述べました。

例えばあなたのリビングにあるテーブルに新聞や雑誌が置かれていると、何度も手にとりやすい状況ではあります。メールやブログなどは、どのメールだったか、どのブログだったかスマホの中を探し回らなければいけません。

しかも、紙媒体だと質感が手に残ったり、大きさや色目なんかも記憶に残りやすくなります。なんとなく理解できませんか?

 

ニュースレターは保存、回覧、掲示がしてもらいやすい

僕のお客様で、掲示板にニュースレターを毎回掲示されている会社があります。大変光栄です。また、部内で回覧していただいてる会社もあります。ほんと光栄です。

こんな風に、紙媒体なので、回覧や掲示がされやすいのです。だから送っていない人やお客様のお客様にも読んでもらうことが可能になります。ニュースレターを通じてお客様があなたの会社を営業してくださっている感じです。

メールやブログと違ってこのような口コミが起きやすいのは、紙媒体ということと、他にやっている会社、お店がないからです。珍しいからです。(だからあなたもはやくやってください)

ニュースレターを通じてあなたの会社やお店がいたるところで話題になるわけです。

その結果、、、

 

ライバルと比較されなくなる

お客様はあなたが思っている以上に浮気性です。つねにスマホやPCで価格などの情報を調べています。商品、サービス内容から店舗の外観はどうか、価格は手頃か、どんなスタッフがいるのか、何かおもしろい情報がないか、、、いつも調べています。

お客様は自分の買い物行為に後悔したくない、失敗したくないので、買う前にいろいろ調べるわけです。ただ、この調べること、比較することは非常に面倒くさいことです。できればしたくないのです。でも後悔したくない、失敗したくないので調べます。比較します。

こんなお客様が、毎月あなたのニュースレターを読んでいたらどうでしょうか?必要なときになるとあなたを指名買いすると思いませんか?お客様は比較するのがもう面倒くさいのですから、きっとあなたを指名するはずです。

 

まとめ

ニュースレターのような紙媒体は、脳科学的に記憶に残りやすいものです。紙媒体なので、保存・回覧・掲示されやすく口コミで広がりやすいものです。

お客様は後悔、失敗したくないので、比較調査をしていますが、ニュースレターで記憶に残せば、あなたを指名買いされやすいのです。

 

Follow me!

無料メールマガジン登録

営業マンの日々の悩みや問題を解決できるヒントを発信しています。

あなたが今、

・営業がうまくいかず悩んでいる
・起業したいと思っている
・人間関係でストレスまみれである
・転職しようか迷っている
・そもそもやりたいことがかわらない

こんな毎日を過ごしているのなら、このメールマガジンで解決できます。(メール相談できます)

配信は不定期ですので、読みたくない時はスルーできます。

※購読は無料で、いつでも解除できます。
※登録いただいた個人情報は厳重に管理しますのでご安心ください。

ぜひ登録して学んでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA