成功している経営者は異業種交流会には参加しない

yJl7OB3sSpOdEIpHhZhd_DSC_1929_1

今日は営業の大先輩とお話しをする機会がありました。営業の大先輩と言っても、サラリーマンではありません。経営者です。営業マンから起業し、今もバリバリの営業マンです。

現場を知り尽くしているだけあって、営業マンが常日ごろ現場で感じていること、考えていること、悩んでいること、をすごく理解している共感してくれる経営者です。

成功している経営者の共通点

売る力を持っている

最近感じているのは、やはり売る力が起業では最重要だということ。人脈などである程度は売り上げを作ることが出来るかもしれないが、それ以上行くにはやはり売る力が必要です。

営業畑出身の経営者と技術畑出身の経営者とでは、圧倒的に営業畑出身の経営者の成功率が高いというデータがそれを証明しています。

売る力は天性のものではありません。あなたがその気なら今からでも身に付けることができます。

現場を理解している

今、マーケットはどうなっているのか?消費者の動向はどうなのか?何が売れているのか?人々の関心は何なのか?消費者の心理はどうか?などとにかく現場を知り尽くします。

経営者のあなたはまさか一日のほとんどを会社で過ごしていませんよね。社員のエゴサーチばかりしていませんよね。

どんどん現場に出ましょう。営業をしましょう。それがあなたが成功する一番の近道です。

健康である

起業して再確認したのは健康の大切さです。僕のような個人事業主は風邪をひいただけでもアウトです。収入が0です。これってすごく恐ろしいことです。

逆にいうとサラリーマンはずる休みしても給料はもらえます。これってすごく幸せなことです。

食べ物はもちろん、飲み物にも気をつけています。ジュース類、コーヒー類は絶対飲まないようにしています。なるべく水を飲むようにしています。

健康を損なうとその時点でまともに経営はできません。本当に大事なものはお金ではなく、健康です。

番外編

営業の大先輩経営者も言っていたことで、僕も同じ意見だったことのひとつに、「異業種交流会に参加する必要はない」があります。

行ったことがあるあなたなら理解できると思いますが、みんな「仕事くれくれ」です。しかもある業界の営業マンや士業ばかりです。

会社員時代、僕も交流会には何十回と出席しましたが、仕事をもらう立場で参加していましたので、「くれくれ」でした。

でも起業し経営者として参加してみると、いかに「くれくれ」参加者が迷惑な存在だということに気が付きました。

先日もある異業種交流会で知り合った方に、他の異業種交流会に誘われました。「参加してくれ参加してくれ」フェイスブックのメッセージが何度も何度もあります。鬱陶しいです。

他の用事があるので、と断るとメッセージがピタっとなくなりました。「俺が一生懸命誘ってやてんのに何で来ないんや!」「ビジネスしたくないんか?失格やな経営者」

恐らくこう思っているはずです。

これって身勝手な行動というのがわからないみたいです。頭の悪い僕には理解できない出来事でした。

まとめ

成功している経営者の共通点
1.売る力を持っている
2.現場を理解している
3.健康である
4.異業種交流会には参加しない

Follow me!

無料メールマガジン登録

営業マンの日々の悩みや問題を解決できるヒントを発信しています。

あなたが今、

・営業がうまくいかず悩んでいる
・起業したいと思っている
・人間関係でストレスまみれである
・転職しようか迷っている
・そもそもやりたいことがかわらない

こんな毎日を過ごしているのなら、このメールマガジンで解決できます。(メール相談できます)

配信は不定期ですので、読みたくない時はスルーできます。

※購読は無料で、いつでも解除できます。
※登録いただいた個人情報は厳重に管理しますのでご安心ください。

ぜひ登録して学んでください。