ニュースレターとランチェスター経営との密な関係

ランチェスター経営とは

自動車・航空工学のエンジニアであったイギリス人のランチェスター氏が第一次世界大戦勃発に刺激を受けて2つの法則を発表したのが始まりです。

第二次世界大戦ではアメリカが軍事戦略に活用しましたが、日本ではビジネスに持ち込んで経営戦略として確立させました。

ランチェスター戦略の特徴の1つは、圧倒的1位の企業がとる「強者の戦略」と、2位以下の「弱者の戦略」を区別したことです。

この2つの戦略はまったくの逆の戦略であり、世の中のほとんどである2位以下の中小企業や故人事業主がとるのは「弱者の戦略」です。

「弱者の戦略」とは

1 小規模や部分で1位
2 強者と違ったやり方・差別化
3 強者とは戦わない。自分より下位に勝つ
4 勝ちやすいものを発見するために細分化
5 強みに集中する。弱みは捨てる
6 エンドユーザーへ直販
7 お客に直接接近して営業
8 営業エリアは近場重視で狭く
9 実行目標は1つに絞る
10 目標に一点集中
11 過去にとらわれずに新しいことをやる
12 見栄を張らない軽装備
13 長時間労働
14 自社の大事な経営情報は隠す。
15 弱者は調子に乗るな。小さな成功で生活を変えない
参考:小さな会社の稼ぐ技術

大企業(強者)とは真逆を行くのが、ランチェスター弱者の戦略です。

ランチェスター弱者の戦略とニュースレターの関係

ランチェスター経営戦略では以下の項目に関して戦略を練っていきます

1 商品戦略
2 地域戦略
3 客層戦略
4 営業戦略
5 顧客維持戦略
6 組織戦略
7 資金戦略
8 時間戦略

1から5までを抑えておけばまずは大丈夫ですが、5の顧客維持という点が多くの企業が見落としています。

新規新規というのはいいが、既存顧客の維持が放置されているケースが多いのです。1つの項目だけ完璧にしても経営は成り立ちません。これら8つの戦略全部で合格点を出さなければいけません。

多くの企業は見落としている顧客維持戦略の方法とは

この顧客維持戦略ではニュースレターが威力を発揮します。理由は考えてみなくてもあなたなら理解できると思います。

まとめ

ランチェスター経営戦略における顧客維持にはニュースレターを活用すれば後は何もしなくてもいいです。それくらい効果があります。

Follow me!

無料メールマガジン登録

営業マンの日々の悩みや問題を解決できるヒントを発信しています。

あなたが今、

・営業がうまくいかず悩んでいる
・起業したいと思っている
・人間関係でストレスまみれである
・転職しようか迷っている
・そもそもやりたいことがかわらない

こんな毎日を過ごしているのなら、このメールマガジンで解決できます。(メール相談できます)

配信は不定期ですので、読みたくない時はスルーできます。

※購読は無料で、いつでも解除できます。
※登録いただいた個人情報は厳重に管理しますのでご安心ください。

ぜひ登録して学んでください。