「人は見た目が9割」が本当か婚活業界で調べてみた

man-945481_1280

人は見た目が9割
という書籍がありますが、あなたはどう思いますか?
見た目が大事なのは理解できますが、それって本当でしょうか?
ビジネスにおいて確かに見た目は大事です。

セールスマンをはじめ、すべてのビジネスマン、いや人として生きているのなら見た目は大事なのは疑いないことでしょう。
ただ、僕が心配なのは、あまりにも見た目を気にするがために、内面を疎かにしている人が多いということです。

僕には婚活業界で働いている知人がいるのですが、婚活業界を例に話してみましょう。

 

もてるには見た目が大事なのは疑いのない事実です

婚活業界は数少ない成長産業だと思うのですが、もしあなたが婚活パーティーに参加するとしたらまず何を思いますか?

「なに着ていこうかな」
「どんな人が来るのかな」
「素敵な人と会えるかな」
「〇〇ちゃんと一緒に行こうかな」
「どんなパーティーなのかな」、、、

こんなところでしょうか。

僕でしたら、まず「何着ていこう?」「靴どうしよう?」「時計どれにしよう?」こんなことを真っ先に思います。

なぜなら見た目(顔、服装)が第一フィルターになるからです。

顔はなかなか変えることができないので、今の場合の見た目は「服装」になります。「格好」です。

 

見た目は変える事が出来るけど、中身は変える事が難しい

あなたは、婚活パーティーに参加して、同姓の参加者(ライバル)を観察しました。

どうやら、同姓の参加者中、見た目は上の方だと判断しました。
とりあえず異性からいい印象を持たれるだろうと確信しました。

で、次に問題になるのは、そう会話ですね。

何やら自己紹介を書いた紙をお互い交換するらしいのですが、そうなるとそこに書いてある内容や字のきれいさも気になってきます。

第一関門の見た目をクリアしたあとは、見た目では判断できない部分になります。

このようなパーティーの場合は、会話つまり異性としゃべることがほとんどだと思いますが

ここで知り合いが言っていたデータをご紹介したいと思います。

それは何のデータかと言うと、
パーティー中での異性と話す時間とカップル率の統計です。

あなたも若い女性が少ない地方に住む男性と、地方に嫁いでもいい女性をお見合いさせるテレビ番組を観たことがあると思います。

その中で、ひとりずつ順番にトークしていく場面を観たことがあると思います。

 

まずはそのデータを見てください。

1人当たりの会話時間  カップル率
30秒~1分       34.48%
1分~1分30秒      34.55%
1分30秒~2分      38.02%
2分~2分30秒      39.44%

何か気付きましたか?

会話時間が長ければ長いほどカップル率が高くなっています。
これは何を言ってるのでしょうか?

もし見た目が9割ならば、会話時間とカップル率に相関はないはずです。
このデータからは、人は見た目で判断するのではなく、中身(内容)で判断するということを言ってるのです。

もし「見た目」が、数値で表現できれば、また違う統計が取れるのですが、「見た目」は数値化できません。
もちろん第一関門である「見た目」は大事ですが、これが9割を占めているわけではないという事です。

 

まとめ ビジネスに応用すると、、、

きれいなホームページ、きれいな広告チラシ、見た目はいいと思いますが、あまりに綺麗だと売り込み臭がプンプンします。今はコンテンツマーケティングといわれるくらい中身が昔以上に問われる時代です。

わざとホームページやチラシを素人っぽくして見せて、上手くいっている企業がたくさんあります。

見た目はとりあえず置いといてまずは中身を見直してみませんか?
僕が作るニュースレターも綺麗さよりも中身重視です。

Follow me!

無料メールマガジン登録

営業マンの日々の悩みや問題を解決できるヒントを発信しています。

あなたが今、

・営業がうまくいかず悩んでいる
・起業したいと思っている
・人間関係でストレスまみれである
・転職しようか迷っている
・そもそもやりたいことがかわらない

こんな毎日を過ごしているのなら、このメールマガジンで解決できます。(メール相談できます)

配信は不定期ですので、読みたくない時はスルーできます。

※購読は無料で、いつでも解除できます。
※登録いただいた個人情報は厳重に管理しますのでご安心ください。

ぜひ登録して学んでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA