発表!契約がとれない営業マンが放つ〇〇の臭いワースト3

私たち動物は、視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚からコミュニケーションをとります。そのうち営業マンは、「身だしなみ、見た目の視覚」、「お客様の言葉をしっかり聴く聴覚」が絶対条件ですが、もうひとつ大事なものがあります。

僕個人ではこれが一番大事なのではと思うのです。それは嗅覚です。なぜなら僕自身がお客さんとして体験したからです。今日は営業マンが絶対気をつけないといけない嗅覚についてお伝えします。

今回の内容は気分が悪くなる可能性がありますので、体調がすぐれない方は絶対読まないで下さい。体調を整えてから読んでください。

 

口臭が、、、あんなかわいいお姉さんが、、、

セールスの勉強のため、いろんな商品のセールスを受けるのですが、ちょうど3ヶ月前のある日曜日に携帯ショップに行きました。それまでガラケーだったのをスマホへの買い替えのためです。

携帯ショップって平日よりもやはり土日が込んでますよね。その日も店内に5人ほどのお客さんが、対応してる係員は3人です。1人当たりの時間も長くなりがちなサービスですし、次から次とお客さんが来店し、「係員って大変な仕事だなぁ」と思いながら順番を待っていました。

20分ほどして僕の番です。対応してくれた女性はとてもかわいい方でした。「スマホに買い換えようと思っているのですが、費用とか教えてもらえいますか?」こんな感じで説明が始まりました。

が、、、ここで問題発生です!!!

係りのお姉さんの説明がぜんぜん耳に入ってこない!

まったく入ってこない、むしろ「早く終わってくれんかな!」そんな気持ちです。対応してくれているお姉さんかわいいのに、、、

なぜ耳に入ってこないのか? それはお姉さんの口臭です。たしかにひっきりなしにお客さんの対応です。しゃべりっぱなしです。うがいや水を飲んだり、歯を磨いたりしている時間はないでしょう。口が乾きっぱなしでしょう。

それでもしゃべる仕事をしている人は口臭には気をつけるべきです。

 

契約がとれない営業マンが放つ臭いワースト3

口臭です。もう僕の体験談を読んでいただければ説明するまでもないと思います。以前僕の部下でこんなのがいました。昼一の訪問でしたが、なんと昼食に餃子を食った奴が、、、しゃべらなくても臭い、息しているからね。この時はさすがに僕1人で訪問しました。あなたはさすがに餃子は食わないと思いますが、臭いのきつい物を食べてませんか?

口臭がきつい人はよく、「内臓(特に胃)が悪いんではないか?」「臭いのきつい物食べただろう」「歯磨きしてないから」等と言われることが多いようですが、実際は、舌と虫歯です。

口臭予防策

内臓系よりも口の中に原因があることが多いです。まずは口の乾燥を防ぐ、こまめに水を飲む(コーヒーや牛乳などは逆効果ですよ)ことです。また、舌の上(表)をかるく磨くことです。そして一番大事なのは歯周病や虫歯にならないことです。口臭が有る人はかなりの確率で歯周病か虫歯です。気になるなら早いうちに歯医者へ行くことをおススメします。

 

契約がとれない営業マンが放つ臭いワースト2

生渇き臭のワイシャツです。あなたも経験があると思います。電車の中でかぐあの強烈な臭い、もう言葉にできません。僕が以前勤務していた会社の上司がそうでした。しかも一年中、、、梅雨時に生渇きになりやすいのですが、その上司は一年中。しかも席が隣だったので、もう社内にいるときは地獄です。本人はどうして気付かないのか不思議でしょうがなかったです。

なぜ一年中生渇きだったかというと、奥さんと別居してワンルームにひとり暮らしだったからです。どうやらベランダとかなかったのでしょう。洗濯物は部屋干しだったようです。

これでお客さんのところに行くのですから、、、もう終わってました。あなたも特に梅雨時には気をつけてください。決して生渇きのワイシャツだけを着ないようにしてください。もし出勤していしまったならコンビにでもいいので、新しいワイシャツを買って着替えてください。

生渇き防止策

部屋に干さない、酵素系漂白剤を使う、風通しの良いところ、よい干し方をする。洗濯したらすぐに干す。これに気をつけるだけです。あなたのせいでお客さんに嫌われると会社にもあなたにも大ダメージです。相手の会社でうわさになります。それだけは避けてください。

 

契約がとれない営業マンが放つ臭いワースト1

体臭です。体臭といっても、脇の臭いです。以前勤務していた会社に女性の営業マンがいました。営業会議(特に冬)時に、当然会議室に集まるのですが、冬ですから暖房が効いています。それに小さな会議室だったので、その女性から発する臭いが強烈でした。関西では「鼻がもげそうになる」というそうですが、まさにそれです。なんなら鼻がなくなった方が幸せかもしれません。

今となっては他のメンバーは気が付いていたのかどうかは知りませんが、脇の臭いだけは最上級の臭いです。こちらも本人はまったく気付いてない様子でした。何度か同行営業をしましたが、これではお客さんに迷惑がかかってしまいます。

人間、生き物は自身のにおいには鈍感です。気付かないのです。あの異臭を放つスカンクが自分の臭いで何ともないのはそういう理由だからです。口臭にしろ体臭にしろ自分自身の臭いには気付かないのです。

とはいえ、人と接する時には、相手に不快感を与えてはいけません。そんな気持ちがあれば、客観的にチェックできるはずです。件の女性営業マンの場合、自分では気付かない様子だったし、本人に「脇臭いよ」というのもどうかと思いましたので、朝礼時にこんな話をしました。

「しゃべることがコミュニケーションではなく、視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚という五感を通したものがすべてコミュニケーションである。特に嗅覚については、人前に出る時は、口臭やたばこ臭、体臭をチェックして相手に不快感を与えないことが大事」このような内容です。

体臭対策

デオドラントケア商品で対応する、手術をする。手術が怖いなら、デオドラントケアを毎日持ち歩いてこまめにケアすることがあいてに対する思いやりです。

で、彼女は変わったのか?ですが、答えはNOです。最後まで臭いままでした。

あなたはチェックしていますか?営業時にお客様に迷惑かけていませんか?

Follow me!

無料メールマガジン登録

営業マンの日々の悩みや問題を解決できるヒントを発信しています。

あなたが今、

・営業がうまくいかず悩んでいる
・起業したいと思っている
・人間関係でストレスまみれである
・転職しようか迷っている
・そもそもやりたいことがかわらない

こんな毎日を過ごしているのなら、このメールマガジンで解決できます。(メール相談できます)

配信は不定期ですので、読みたくない時はスルーできます。

※購読は無料で、いつでも解除できます。
※登録いただいた個人情報は厳重に管理しますのでご安心ください。

ぜひ登録して学んでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA