脱サラという言葉に騙されている駄目サラリーマン

bodybuilder-646482_1280

脱サラとは

サラリーマンをやめて、独立すること。
起業することですね。
サラリーマンやめて公務員になるのも脱サラと言います。

脱サラする原因

ほとんどの人はサラリーマンが嫌だからでしょうね。
僕のように社会不適合者は、サラリーマンするのがものすごくつらい。

優秀な人は毎日の業務の中にやりがいなどをしっかり持てるのかもしれないが、僕の場合はやはり繰り返しの毎日や無能と思っている上司と長時間いるともう気が狂いそうです。

それに頑張りが給与などに反映されない腐ったシステムもどうかと思う。

本当に労働者はいいように搾取されるだけの存在だと思う。
働きに応じた稼ぎがほしいですね。

もちろん自分のビジネスをしたいからと言う人もたくさんいることは知っています。

脱サラへの幻想

そんなの僕のような元ダメダメサラリーマンは脱サラを何か勘違いするのです。

例えば、
好きなときに好きなことをしてお金が入る
やればやっただけ稼げる
人間関係のストレスが減る
地獄の通勤が無くなる

確かに間違いはないでしょう。

でも、あくまでもそう思えるのは順調にいってる時だけで、
事業が苦しくなればそんなこと言ってる場合ではないでしょう。

脱サラの例

最近の脱サラの例を調べてみました。
比較的若い人にありがちな事業ですね。

ネットショップ運営
ホームページ制作
ブログカスタマイズ
スマホアプリ開発
コピーライティング
翻訳
アフィリエイト

やはりPC、ネット、デジタル関連が多いですね。
と言うか個人で始めやすいお仕事ですね。

中高年に人気のアントレも参考になります。
http://entrenet.jp/

アントレはフランチャイズが多いですね。
資金が結構必要なものもあります。

脱サラの問題点(リスク)

安定なサラリーマンを辞めるんですから、もうそこからは不安定な人生になるということです。
一般的な成功率が3〜6%ですから、恐ろしいことです。ギャンブルかもしれません。

お金のリスク
もうこれがリスクのほとんどと言ってもいいでしょう。
サラリーマンであれば、毎月の給料は保証されています。
でもあなたの場合、うまくいかなければお金が一銭もはいってこないのですから、もう死しかありません。

特に店舗を持つ場合は、100万単位どころか1000万単位で資金が必要です。ギャンブルです。
考えるだけでも恐ろしいですよね。失敗すれば借金生活。

いくら時間が自由に使えようとも、地獄の通勤がなくなろうとも、
好きなことが好きな場所でできようともお金が無ければそんなもの何のメリットでもありません。

まとめ ~脱サラする前の対策というか準備~

これは僕自身への戒め、反省の弁にもなるのですが、脱サラ=起業するなら、
まずは顧客を持っていることが前提だと思う。

サラリーマン時から副業で始めておくということ。
僕はこれをやらなかったがため失敗しています。

1.初期投資が0に近い
2.在庫が無い
3.リピートがある
4.利益率が高い

これらを満たす事業をサラリーマンの時からはじめておくことです。

Follow me!

無料メールマガジン登録

営業マンの日々の悩みや問題を解決できるヒントを発信しています。

あなたが今、

・営業がうまくいかず悩んでいる
・起業したいと思っている
・人間関係でストレスまみれである
・転職しようか迷っている
・そもそもやりたいことがかわらない

こんな毎日を過ごしているのなら、このメールマガジンで解決できます。(メール相談できます)

配信は不定期ですので、読みたくない時はスルーできます。

※購読は無料で、いつでも解除できます。
※登録いただいた個人情報は厳重に管理しますのでご安心ください。

ぜひ登録して学んでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA