自信と言う言葉を今すぐあなたの脳からアンインストール

a0055_000444_m

仕事や恋愛がうまくいくためには、「自信がないといけない」と思っていませんか?仕事や恋愛が今ひとつうまくいかないのは、「自分に自信がないからだ」と思っていませんか?

コーチングを受ける方を2種類に分けることができます

僕のところにコーチングを受ける来られる方には大きくわけると2種類の方がいます。これは僕だけでなく、他のコーチに聞くと同じ傾向があることがわかりました。

①もっと自分を成長させたい自己成長欲が高い人
②自分にまったく自信がなくて、それが原因で何もかも上手くいかないと思ってる人

もし、今のあなたがコーチングを受けるとすると、どのタイプですか。良い悪いの話しではないので安心してください。

コーチングには、目標を達成させる、問題を解決するという効果、機能がありますが、同じ人でもその時その時置かれた状態でテーマが違ってきます。

①の方に多いテーマは、
「今、課長だが部長になるためにはどうすればいいか」
「他の営業マンよりいい成績をあげて、社内No.1になるためのはどうすればいいか」
「起業して稼ぐにはどうすればいいか」
「意中の彼女に告白してうまくいくためにはどうすればいいか」
「外見も中身ももっと磨いて魅力的な人間になるには」
こんなテーマが多く、自信を持っている方が多い傾向があります。

②の方に多いテーマは、
「仕事で失敗ばかりで自信がなくもう会社を辞めたい」
「正月に目標を決めたが、いつもうまくいかなくてすっかり自信をなくしてしまった」
「自信がなくて意中の彼女に告白できない」
「何もかも中途半端で最後までやり抜くことができない」
話しの内容がネガティブで自信がなさそうな人が多い傾向があります。

コーチングを学んだのは自信がないから

コーチをしていると、世の中には本当に自信がない人が多いことがわかります。僕自身もコーチングを学んだ理由は、「自信の回復」です。自信がなくてなんとか自信を回復できるものはないのかと探していてたどり着いたのがコーチングでした。

他のコーチにも話しを聞くと、僕と同じように自分に自信がなくてコーチングを学んだという人が多いです。

それくらい自信がなくて困っている人が多いということです。

コーチングを学びコーチングを受けてわかったこと

コーチングを学んで、コーチになり、他の人にコーチングをするようになったり、自身がコーチング受けるようになってわかったことは、「自信というのはひとつの言葉に過ぎない」ということです。

どういうことか、、、

自信というものは人間の心、頭、思考には存在していないということです。自信があるとかないとかそんな概念はないということです。自信という言葉自体が存在しないと言えばわかりやすいですか?

あなたはきっと「自分は自信がない人間だ」、「自分は自信がある方だ」と思ってるかもしれませんが、あなたが今、成功しているしていない、物事がうまくいっているいっていない、に自信はまったく関係がありません。

なぜなら、僕自身がコーチングを学んで、多くの人をコーチングして、そして自身もコーチングを受けた経験からいうと、、、

あなた自身が成功する、うまくいく、思い通りになるには、実際の行動が起因しているということです。自信が関係しているということはないです。

行動力と自信の有無はまったく関係がない

僕がコーチングを学んだ当初はまだ会社員でした。人生がうまくいっていないと感じて不満だらけの毎日を過ごしていました。

当時の僕自身を、第三者目線で分析すると、不満ばかりで、願望ばかりで、口だけで、行動することがほとんどなかったということです。

思考は現実化するという名著がありますが、あのタイトルはうそです。思考しただけでは物事は何もかわりません。

賢明なあなたはこの僕の話を笑って聞いてると思いますが、思っているだけでは何も変わりません。そりゃそうです。

変わるには、動く、行動しかありません。

実際、会社を辞めて独立したり、ブログを書いたり、セミナーを開催したり、いろんな会社に営業に行ったり、チラシをまいたり、人に会って独立したことを伝えたり、、、

これらには、自信はまったく関係がありません。仮に自信がなくても出来ることばかりです。

あなた自身が持っているもの、できることにフォーカス

donut-1200370_1280

あなたは今、この写真のどこを真っ先に見ましたか?

ドーナツが欠けている部分を見ませんでしたか?そこばかり気にならなかったですか?

これはドーナツの写真ですが、僕たちはこれと同じように他人の欠けているところばかり見てしまいます。

他人のことなので放っておけばいいのですが、自分のことに関しても欠けているところばかり見てしまうから困るのです。

欠けているところは何があるかわかりません。欠けてしまっているからです。同じようにドーナツ(プレーン)だったかもしれませんし、チョコレートがかかっていたかもしれません。

あなたも自分の欠けているところばかり何回みても、そこに何があるか正確にわかりません。だから、今あるもの、持っているものにフォーカスしてみたらどうでしょう。

自分にあるもの、今持っているものが、わかりませんというあなた、他人からよく言われることがありませんか?

「クールに見えるけどすごく温かい人ですね」
「冗談言わなさそうですが、ユーモアがあっておもしろい人ですね」
「すごく話しがわかりやすいですね」

なんでもいいです。(と言ってもネガティブなことは無視していいです)自分では気付いていないけれど、人からよく言われるいいこと。を書き出してみてください。
※実際、僕はコーチングでよくやります。

まとめ

「自信がない」ということを、だめな自分の理由にしてきたなら、今すぐ自信という言葉をあなたの頭から削除してください。

そして、失敗してもいいから、今のままのあなたでいいから、まず行動する=動いてみる、ことです。

特別なことはしなくてもいいです。近くの公園を歩いてみる。本を読んでみる。買い物に出かけてみる。あなたが日ごろやっていることでいいから動いてみてください。

その中で、あなたがうまく出来ること、人からほめられることを見つけて、先入観をいったん排除して、それを伸ばすことを考えてみてください。

あなたが今まで気付かなかったことに気付くことができます。そしてそれは自信とはまったく関係がないことにも気付くことができます。

Follow me!

無料メールマガジン登録

営業マンの日々の悩みや問題を解決できるヒントを発信しています。

あなたが今、

・営業がうまくいかず悩んでいる
・起業したいと思っている
・人間関係でストレスまみれである
・転職しようか迷っている
・そもそもやりたいことがかわらない

こんな毎日を過ごしているのなら、このメールマガジンで解決できます。(メール相談できます)

配信は不定期ですので、読みたくない時はスルーできます。

※購読は無料で、いつでも解除できます。
※登録いただいた個人情報は厳重に管理しますのでご安心ください。

ぜひ登録して学んでください。