起業しているあなたが知らないとやばいパレートの法則

pie-chart-153903_1280

あるセミナーの1場面でこんなことがありました

私「パレートの法則ってご存知ですか?」

受講生「・・・・」

受講生「えっ?何の法則?」

私「パレートの法則、または20対80の法則とも言いますが」
「ご存知の方?」

受講生「・・・・」
先日、僕が講師をしたセミナーでの1場面です。
受講生は10名でしたが、誰一人ご存知なかったのです。

商売されてる方なら法則名は聞いたことがなくても、
経験的に知っている、20対80の法則

今日のテーマはこれです。

 

パレートの法則とは、、、

イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートが1897年に提唱したものです。
名前が法則名になったんですね。

社会全体の富の約8割は2割程度の人で占められているという経験則のことです。

20対80の法則、ニハチの法則ともいいます。

 

いろんな例で説明できるパレートの法則

アリは、集団のうち2割が食べ物の8割を集めてくるのが実験からわかっています。 働きアリの中でも本当に働き者は2割で8割がなまけアリになります。

そして、その働きアリをすべて除くと、8割のなまけアリの中から2割が働きありとなり、8割がなまけアリになってしまうのです。

上位20%の営業マンが売上の80%を稼ぐ
売れ筋商品の20%で売上の80%を構成している
上位20%の顧客で総売り上げの80%を占めている
Webサイト中の20%のコンテンツでアクセスの80%を占めている
勤務時間の2割で成果の8割を実現している
試験範囲の重要な2割を押さえておけば80点は取れる

 

パレートの法則をあなたのビジネスにどう活かすか

上位20%のお客様を特別扱いすること
まずあなたのお客様を売上額順に並べてみてください。
そして、累積売上額が総売上額の80%前後になるまで
顧客別に売上額を加算してみてください。

累積売上額が総売上額の80%前後になるお客様があなたが重要視しなければいけないお客様です。
企業によってはそれが20%~30%程度になる場合もありますが、とにかく売上の80%を占める
お客様を抽出してください。

そしてそのお客様を他のお客様よりも贔屓してください。
特別扱いしてください。

すべてのお客様を平等に扱う人がいますが、それは間違いです。
僕たち個人起業家はそんな時間も余裕もないはずです。
あれもこれもいろいろ手を出さない
売上をあげるためには「あれもこれもやらないとダメだよ」
あなたはそう起業家の先輩にそう言われたことはありませんか?
またはいつもそう思って、いろんなことに手を出していませんか?

パレートの法則によれば、
「20%の業務が80%の成果を生むわけですから、あなたはいろんなことに手を出してはいけません。」
ということを先にお伝えしました。

なので、あなたはあれもこれも手を出さずに、やることに集中しなければいけません。
やることを絞り込めば絞り込むほど、成功する確率が高くなります。

そうは言ってもあなたがどうしてもいろいろやらなければいけないことがあるのなら、他人に任せて下さい。

あなたがやるのは、絞った重要な業務だけにしてください。

このようにパレートの法則はいろいろな場面に当てはまります。
あなたもこの法則を頭に入れておくことで、時間などの資源を有効に使うことができるでしょう。

Follow me!

無料メールマガジン登録

営業マンの日々の悩みや問題を解決できるヒントを発信しています。

あなたが今、

・営業がうまくいかず悩んでいる
・起業したいと思っている
・人間関係でストレスまみれである
・転職しようか迷っている
・そもそもやりたいことがかわらない

こんな毎日を過ごしているのなら、このメールマガジンで解決できます。(メール相談できます)

配信は不定期ですので、読みたくない時はスルーできます。

※購読は無料で、いつでも解除できます。
※登録いただいた個人情報は厳重に管理しますのでご安心ください。

ぜひ登録して学んでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA